申請の手続き

印鑑障害年金受給の状態に当てはまる方は、自分で申請して認定してもらい、年金を受給していきます。書類を揃えて申請する前には、まずは年金機構のサイトにあるPDFになっている障害年金ガイドに目を通し、どのような書類が必要か、どのように提出していくのか、受給資格などについて見ておきましょう。また初診日から1年6ヶ月後から受給可能であり、初診日も再度確認します。障害に関連する病気で初めて受診した日が初診日となり、例えばストレスで胃が痛くなり内科を受診後、精神科を受診したときは、内科に行った日が初診日です。

必要書類はたくさんあります。初診日を証明するための受診状況等証明書、申請者が記載する病歴・就労状況等申立書、障害認定日の診断書、事後重症請求用の障害給付請求事由確認書、現状の診断書、年金請求書が必要となります。特に初診日と障害認定日の病院が違うときは必要書類が増えて複雑になります。また障害認定時と現在の診断書の2つが必要です。書類が揃い間違いなく記載したら、年金事務所か役所の国民年金課に提出します。提出すると、職員の方がチェックし、結果までの説明をしてくれますが、これに60分ぐらい時間がかかります。結果は早くて2ヶ月、通常3ヶ月後ぐらいに判明します。